謎新ステーションblog版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑
関連タグ:

≫ EDIT

フリーチベット ~free tibet~

中国はいかにチベットを侵略したか中国はいかにチベットを侵略したか
(2006/02)
マイケル ダナム

商品詳細を見る
連日紙面で報道される「チベット騒乱」ですが、日本での扱いは小さいですね。
日中記者協定の事も有りますが、日本のマスコミは相手が中国になると優しくなりますよね。
(その中で産経と読売は比較的頑張っているように思えますが・・・)
日本政府の公式コメントもまだ出ていないですよね?
まあ、媚中派の首相には期待するだけ無駄なんですが・・・('A`)

1950年以降、中国に侵略されたチベットでは中国化が徹底的に図られ、チベットの文化・伝統・宗教を徹底的に弾圧されているのです。
彼らが敬愛するダライ・ラマ14世の肖像画を拝む事すら許されません。
見つかったら即逮捕、まともな裁判も受けられず収容所行きか下手をすると命を奪われる事も・・・。

これって人権弾圧でよね。
それなのに、国内の自称人権団体はこの件に関しては見事までにスルー(笑
背後にどういう組織があるのかが、非常に判りやすいですよね。

【産経抄】3月17日 - MSN産経ニュースより

 無神論者の共産党員にはピンとこないだろうが、因果応報とはこのことだ。19年前、チベットの漢民族支配に抗議するラマ僧のデモが頻発し、事態収拾のため自治区書記に派遣されたのが、若き日の胡錦濤国家主席だった。

 ▼胡氏は、ラサに戒厳令を敷き、強硬路線を前面に押し出して騒乱を鎮圧した。このときの“功績”が認められて出世の階段をかけあがっていくのだが、北京五輪の大事な年にチベットで大騒乱が起きた。主席として最高の晴れ舞台を目前にはらわたが煮えくりかえっていることだろう。

 ▼現地では外国メディアの取材が厳しく制限され、正確な情報はなお乏しい。だが、中国国営テレビが流した銀行や商店を襲う人々の顔つきだけをみてもチベット人の怒りの激しさがわかる。

 ▼世界の鉄道ファン垂涎(すいぜん)の青海チベット鉄道開通以来、ラサへの観光客は飛躍的に増えた。
しかし、もうけているのは漢民族が経営するホテルや土産物屋ばかりだという。漢民族の移住者も増え、日に日に強まる中国支配に人々の忍耐も限界にきたようだ。

 ▼それにしても日ごろ国会の内外で、「人権、ジンケン」と声高に唱えていらっしゃる方々の声がチベット問題では小さいのはどうしたことか。今国会に人権擁護法案の上程を考えておられるセンセイたちは、与野党問わず「チベット人の人権を守れ」と中国大使館に押しかけても不思議ではないのに、そういった話は寡聞にして聞かない。

 ▼そうじゃない、というのなら行動で示してほしいが、ここは一番、親中派の福田康夫首相の出番だ。電話でいいから胡主席に自制を求め、ダライ・ラマ14世とじっくり話し合うよう勧めてはいかがか。これなら日銀総裁のように国会承認も要らないですよ。

凄く痛烈な嫌味ですね。(′∀`)
自称人権団体の皆さん、今チベットで行われている人権弾圧に抗議しないと普段言っている事の整合性が取れなくなると思うのですが如何でしょう?

そもそもロクに武装も持たない人間相手に戦車投入とか有り得ません。
ただの虐殺でしかありませんし。

ダライ・ラマ14世も非暴力を常日頃から訴え、「高度な自治を求める」と譲歩までしています。
チベット民族の伝統や宗教を認めていたら、こんな事件は起こらなかったと思うのですが・・・。

こんな国が平和の祭典であるオリンピック開催は相応しくないですし、断固ボイコットするべきです。
それでなくても大気汚染や食料にも問題が有りますし、命をかけてまで行く価値があるのかと・・・。

(追加)

スポンサーサイト

| 時事ネタ(特ア) | 12:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑
関連タグ:

COMMENT

過去に戴いたコメントです

1. どらっへ 2008年03月19日 01:05
心を打たれたコピペ
実際に全てのリンクを見ては居ないのですがここに貼らせて戴きます。

■□■ チベット大虐殺を止めさせるために ■□■
おまえら、何か行動を起こせ。
「どうせ、俺には何も出来ない」、と、あきらめるな。

  ■□世界に向けてメッセージを
  ttp://www.geocities.jp/saveeastturk/vip118230.jpg
  例えば、あのアルジャジーラにも掲載された『トルキスタン問題』の英訳付きの画像を
  全世界の画像掲示板に貼り付ける事だけでも、十分な支援効果は得られる

2. どらっへ 2008年03月19日 01:06
  ■□チベット問題を広く知ってもらうために
  『妻、娘、尼僧たちは繰り返し強姦されまくった。
  『特に尊敬されている僧たちは狙いうちされ、尼僧と性交を強いられたりもした。  
  『あくまでも拒否した僧のある者は腕を叩き切られ、「仏陀に腕を返してもらえ」と嘲笑された。
  民族浄化とは、こういう事を言う。声を上げなければ次は日本・台湾だ。対岸の火事じゃぁない。
  ttp://sv2.st-kamomo.com/hello/dat/ufa29409.43460.jpg
  ttp://www12.axfc.net/uploader/18/so/Ne_14627.zip.html

  ■□トップ絵を変えさせて注目を
  ttp://homepage3.nifty.com/maezou/img-box/img20080317185018.jpg  
  この画像を見れば、この問題の『何か』を共有できるはずだ。
    一人でも多く、この画像を見てもらうよう広めてもらいたい。

3. どらっへ 2008年03月19日 01:08
一人一人が出来ることは、ディスプレイの前にいてもある。
チベットの問題を解決するのは、九条でも、平和団体でも、ピースウォークでもない。

『世界中の人々が、現実を知り、現実を共有し、現実を直視する事』だ。
インターネットはそのためにある。コピペで救える命がある。

■□■ A.C. 公共コピペ機構

3つもコメント欄使ってスイマセン。

あと、台湾で日本人が中国大使館と日本の外務省に抗議に行った事が新聞で報道されたようです。

4. 佐倉純 2008年03月19日 17:57
チベットは、第二次大戦の頃(まだ独立していた頃)に、中立を表明していたんですが、日本が連合国から経済制裁を受けていた時期に「同じ仏教徒の国」という理由で、羊毛なんかを送って支援してくれたという事があったようです。

東トルキスタンといいウイグルといい、まずは関心を持つこと(持って貰うこと)から始めないと、ダメですね。。。

5. nazosin 2008年03月20日 10:19
>どらっへ様

台湾では総統選が有りますものね。
関心の高さが伺えます。

>佐倉純様
羊毛の話はここ数日いろいろ調べていて、初めて知りました。恥ずかしい話ですが・・・。

>東トルキスタン
大多数の日本人は知りませんからね。
(私も数年前までは知りませんでしたから・・・)
やはり報道されない・・・という事が一番大きいのではないでしょうか?

| | 2010/04/08 10:39 | URL |














TRACKBACK URL

http://nazosin.blog21.fc2.com/tb.php/15-6684b18c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。