謎新ステーションblog版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑
関連タグ:

≫ EDIT

功名が辻の前半を振り返る

「功名が辻」
毎週楽しみに観ているわけなのですが、物語の前半も過ぎたので気付いた事を幾つか。

・やたら合戦シーンが少ない?
「本能寺の変」や「山崎の合戦」があっけなく終わりすぎ、ちょっと拍子抜けしました。
今年から大河ドラマの予算が減らされたと聞いているのですが、こういう所に現れているのでしょうか?
(↑韓流ドラマを買うお金は有るのに?)
山内一豊を語る上では外せない「馬揃え」「名槍を手に入れる」場面もえらく簡単にすまされていました。
原作小説を読んで楽しみにしていた場面だけに、ちょっとガッカリしました。
トホホ・・・。

・山内夫妻が歴史の中心に関わりすぎ
ドラマにおいて創作は良くある事なのですが、山内夫妻は歴史の中心に関わり過ぎですね。
まあ、そうしないと話が持たないというのも理解は出来るのですが。
一豊が都合よく毛利への使者を発見したりとか、光秀の最後を看取ったりとか・・・。
正直、ありえませんよね。
創作もここまで来ると、ツライものがありますねえ・・・。

辛口な事を述べてみたりしましたが、一豊&千代様のほのぼのラブコメ(?)という観点から見ると、とても面白く見れます。
二人のやりとりは微笑ましいですし、面白いですもん。
「開運の馬」のエピソードなんかは凄く気に入っています。


私は頭が働かなくて、槍働きぐらいしか出来なくても、律儀な一豊様が好きですよ(^_^)
そんな訳で、後半戦も引き続き視聴し続けたいと思います。

スポンサーサイト

| 未分類 | 12:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑
関連タグ:

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nazosin.blog21.fc2.com/tb.php/164-a2ce88f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。