謎新ステーションblog版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑
関連タグ:

≫ EDIT

食べない権利が欲しいです。

少しずつ暖かくなるのと同時に、黄砂襲来の季節となりました。
酷い時は空が黄色っぽく見えますし、洗濯物は汚れるしで本当に迷惑ですよね。('A`)
自分用のメモも兼ねて、中国の環境&食品に関するニュースを並べてみます。



<黄砂>「発生源を中国に特定するのはおかしい」中国の専門家が反論―中国(Record China) - Yahoo!ニュース
2008年3月4日、中国紙「環球報」(電子版)の報道によると、「黄砂は中国で発生し、日本や韓国に飛来している」との見方について、中国の専門家が「発生源を中国だけに特定するのは妥当ではない」と反論している。

日本や韓国では、3月2日、今年初の黄砂が観測された。両国をはじめ、観測関係者や研究者の間では、黄砂は中国内陸部のゴビ砂漠や黄土高原で発生し、飛来してきているとの見方が一般的。しかし、「環球報」の取材を受けた、この専門家は「一概にそうとは言い切れない」と反論。「隣国のモンゴルにも大きな砂漠はあるし、そもそも日韓両国自身で砂塵が発生している可能性もある」としている。

日韓における「黄砂」の影響は深刻で、韓国の一部では「黄砂警報」まで発令され、始業式や入学式が延期になった学校もある。日本でも今年から環境省が「黄砂飛来情報」を公開し、独自の対応を強化している。

早急に対策を立てたい両国に対し、中国は「気象情報は対外秘」との姿勢を崩さず、一切のデータ提供に応じていない。協力体制の確立には、まだ時間が掛かりそうだ。(翻訳・編集/NN)


この国の専門家は感情だけでしか物事を語れないようですね。
風向きとか全く無視ですか('A`)
それに中国よりも圧倒的に国土の小さい国から、どうして中国全域を覆うような質量の黄砂が発生出来るのですか?



FujiSankei Business i. 総合/生産を自社工場に集約 ギョーザ問題 JTが再発防止策 「中国抜きは困難」

●売り上げ10分の1
 JTブランドの冷凍食品は、自主回収した商品以外にも撤去の動きが広がり、家庭向け冷食の売り上げは
前年の10分の1という危機的な状況にある。業務用を含めた冷食全体でも6割も落ち込んでいるという。
 事件の捜査が難航していることもあり、木村社長は会見で、 「(再発防止策は)まだ緒に就いたばかり。“安全宣言”とはいえない」と苦しい胸の内を明かした。

 それでも、JTを含めた各社の冷食事業は、「中国抜きでは考えられない」(木村社長)。
市場の拡大とスーパーなどで安売りの目玉にされる激しい価格競争に耐えうる安定的で安価な供給元は、中国以外に見当たらないためだ。
 冷食業界は、中国に大きく依存した「日本の食」のもろさを改めて突き付けられている。


消費者は多少高くても中国産を避けたいと思っているというのに、この空気の読めなさは一体・・・('д` ;)
玉葱くらい国産使って欲しいですよ。
いや使ってもいいですから、何処の産地で採れた物を使用しているかを明示するシステムを構築してからにして欲しいですね。
食べる・食べないの自由が欲しいです。
それにしてもBSEの時は輸入禁止の措置をとったのに、相手が中国になると急に措置が甘くなるのはデフォルトなのでしょうか?




中国製食品:春雨、乾燥ネギ、ワカメ…日本へ輸出足止め - 毎日jp(毎日新聞)

中国政府の国家品質監督検査検疫総局(CIQ)が2月末から検査を強化し、検疫済みの輸出許可証が出ないため、日本への食品輸出が大幅に滞っている。中国製冷凍ギョーザによる中毒事件の影響とみられ、長期化すれば国内産の高騰などを招きそうだ。

 大手食品輸入商社によると、CIQは2月半ば、各省の輸出食品検疫当局に対し、残留農薬などの検査漏れがあれば当該当局の輸出業務を停止する方針を通知した。このため各省では検査項目を大幅に増やし、停滞が発生。特に日本向け食品輸出の約4割を占める山東省では、輸出がほぼ全面停止になっているという。

 この影響で、カップめんや即席みそ汁などに使う乾燥野菜・ワカメ、ほぼ全量を中国産に頼るはるさめなどの在庫が激減。残り1カ月分を切った食材もあり「事実上の輸入停止が長引くと、製造に影響が出る」(日清食品)などと、業界は深刻に受け止めている。
 「乾燥野菜の原料を国内で調達することになれば、ネギなどの高騰を招く恐れもある」(即席食品大手)との指摘もある。ホウレンソウなどの冷凍野菜、バターピーナツ、桃の缶詰などの入荷も止まっているという。

 一方、3月末までに中国に輸出することで政府間合意した日本産コメの通関も滞っている。1月25、26日に天津、上海両港に入港した第2便分約50トンは、1カ月以上たっても保税倉庫に留め置かれたままで、中国当局からの明確な説明はない。これまで日本産コメの通関手続きは3週間程度で終了しており、日本側関係者からは「中国製冷凍ギョーザの中毒事件発生以降、日本側の対応に不満を募らす中国政府の意趣返しでは」との憶測も出ている。【小島正美、北京・大塚卓也】

毎日新聞 2008年3月5日 2時30分


あの国のやる事は本当に良く判りません。
果たしてこれは「報復」になっているのでしょうか?
永遠に輸出禁止でも全然困らないと思いますよ。
むしろこの機会に中国産が淘汰されれば良いとさえ思っています。

スポンサーサイト

| 未分類 | 14:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑
関連タグ:

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nazosin.blog21.fc2.com/tb.php/19-16163848

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。