謎新ステーションblog版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑
関連タグ:

≫ EDIT

春の竹島タン

竹島タン5





















桜と竹島タン・・・
やっと完成したのでうpしましたよ。(遅筆すぎるorz)

竹島には桜なんて生えて無いのですが、イメージって事で(汗
ちゃんとした記事はあとで書きますよ。
(多分・・・)


4/3追記
産経新聞 - 高校教科書検定 「日本の竹島、韓国占拠」 領土、正確な記述求める
 文部科学省は二十九日、来春から使用される高校教科書の検定結果を発表した。領土問題や北朝鮮による拉致事件、「ジェンダー」用語などでより正確な記述を求める検定意見が付けられ、出版社側が修正した。一方で、南京事件の犠牲者数について二十万人以上説が最有力とするなど近現代史を中心に不適切な記述が数多く残った。
 竹島(島根県隠岐の島町)と尖閣諸島(沖縄県石垣市)は、前回検定(平成十三年度)より記述が増え、地理歴史、公民では世界史、倫理を除くほとんどの教科書が記述。四十カ所ある記述のうち、半数を超える二十六カ所に日本固有の領土であることを明確にするよう求めるなどの検定意見が付いた。
 尖閣諸島については「北方領土、竹島と違い日本が実効支配しており『領土問題』ではない」との立場から意見を付け、「日本の領土である北方領土と竹島は、それぞれロシアと韓国に占拠され、領土問題となっている。尖閣諸島も日本の領土だが中国などが領有を主張している」などと、北方領土や竹島の扱いと区別する記述に改められた。
 北朝鮮による拉致事件では、解決していないことを強調するよう求める検定意見が目立った。「北朝鮮から帰国した拉致被害者たち」との写真説明に「解決済みであるかのように誤解する恐れのある表現だ」との意見が付き、「しかし、まだ拉致被害者全員の帰国は実現していません」と追加された。
 「ジェンダー」(社会的・文化的な性差)については現代社会や家庭科など三十八種類が記述。「男らしさ・女らしさ」の否定ととられる記述などに検定意見が付いた。「ジェンダーフリー」(性差否定)は、現代社会の二種類にあったが、検定によって消えた。
 一方で、検定をパスした不適切記述も相次いだ。南京事件の犠牲者は二十万人以上説が最有力とする記述が登場するなど誇大な数字が記述されている。慰安婦については「日本軍により慰安婦にされた女性」が「日本軍の慰安婦にされた女性」に修正されるなど、軍による強制連行に検定意見が付いたが、主語のない強制連行記述はフリーパス。慰安婦を取り上げた二十五種類中、「強制的に連行」が二種類、「連行」が二種類ある。(産経新聞) - 3月30日3時12分更新

一歩前進って所でしょうか?
私が高校生の時には「北方領土」の事は授業で触れても、「竹島」や「尖閣諸島」の事は習った記憶がありませんでしたから。
おかげで1年前まで「竹島」や「尖閣諸島」の事は全く知りませんでしたよ。

良く「近隣諸国への配慮」を、何て言う方もいらっしゃいますが。
まあ、相手を思いやる心は確かに大切ですよ・・・。

が、

特定アジアといわれる中国、韓国、北朝鮮が日本に対して配慮してくれた事があったでしようか?
少なくとも私の記憶には全くありません。
そう、配慮するのはいつも日本側なのです。
良く考えたらこれって凄く可笑しい事だと思いませんか?
悪く言えば日本は「舐められて」いるのです。
強く恫喝すれば、謝罪と賠償が出てくると今でも信じているのでしょうね。かの国は。

今回の教科書検定では「日本人にとってあたりまえの事をあたり前に」記述したに過ぎません。
むしろ記述が無かった今迄の方がおかしいのです。
中国や韓国が抗議するのはいつもの事なので、日本政府は毅然と構えていれば良いと思いますよ。

竹島問題について、判りやすいスレッドがenjoy korea内にあったので貼り付けておきますね。
大爆笑!韓国人は「独島侵略」の理由を知っていますか?(改訂)(発狂)(逃走)(enjoy korea)
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑
関連タグ:

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nazosin.blog21.fc2.com/tb.php/195-88c5c6e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。