謎新ステーションblog版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑
関連タグ:

≫ EDIT

アキバの片隅でマンセーと叫ぶ③

東京交通博物館が閉館されるという事で、普段は見れない万世橋遺構見学に参加してきました。
mansei1














・・・というお約束ギャグをかました所でレポートに行ってみたいと思います。

大人数が一度に入れないので、時間厳守の予約制見学でした。
交通博物館内の一つ扉をくぐると、レトロな雰囲気が漂ってきます。
何というか・・・古い校舎とか講堂とか・・・そんな匂いがしました。(経験有)
mansei4mansei2mansei3







mansei5mansei6







5分ぐらいのミニ映画で万世橋駅の歴史を簡単に紹介して貰えます。
昔は立派な駅だったんですねぇ。しみじみ・・・。
その後少しだけ写真を撮る時間があったのでバシバシ撮りまくるw
mansei18mansei7mansei12







mansei8mansei9mansei10








細い通路を通って薄暗い階段を上っていくと、万世橋駅のホームが見れるようになっています。
危険からの配慮なのか、入り口付近はガラスorアクリ板で覆ってあります。
外に出る事は出来ませんので内側からの見学&撮影になります。
ホームは枯れ草がみっしりで、なんとも不思議な光景です。
そんな中、中央線が何事も無かったように走り去っていきました。
mansei11mansei13mansei14







mansei15mansei16









時間が決められているので、見学が終わったら速攻で退散です。
階段を降りつつ、写真を撮りました。
手摺が無いので足元を気をつけないといけませんが。
mansei19
交通博物館の屋上から見下ろすと、ちょうど万世橋駅ホームが見えます。
でもこれだけだと判りづらいですねえ。





mansei20交通博物館を出て、外から撮影。
赤レンガ製の昔ながらの高架です。







とまあ、こんな感じです。
万世橋駅の事はあまり詳しくなかったので写真ばかりのレポートになってしまいました。
でも、もっと鉄分の多いサイトorブログさんがいると思いますのでw

形のあるものはいつか壊れるものですが、いざ壊されるとなると一抹の寂しさに襲われます。
古い建造物は歴史の生き証人みたいなものだと思いますので。

再開発等で壊されてしまうのはとても残念ですが、最後にとてもいいものを見せて貰ったような気がします。

夢と感動と萌え(?)を与えてくれた東京交通博物館&万世橋駅に
「お疲れ様、、ありがとう」と言ってあげたいです。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑
関連タグ:

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nazosin.blog21.fc2.com/tb.php/198-4ff074c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。