謎新ステーションblog版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑
関連タグ:

≫ EDIT

嘘だと言ってよ!バーニィィィィィィィィ!!! 新幹線、中国へ???

中国の新幹線、日独が半数ずつ受注…日本6社近く契約
【北京=東一真】中国政府が総事業費10兆円超をかけて建設中の
総延長1万2000キロの旅客高速鉄道網プロジェクトで、高速網を走る時速300キロ級車両について、
川崎重工業など日本の6社が共同で売り込む新幹線車両「はやて」と、
ドイツのシーメンス社が製造する車両ICEが採用されることが21日わかった。

中国鉄道省は、シーメンスとはまず60編成(1編成は8両)の購入で契約を決めた。
日本の6社とも近く60編成の購入で契約する予定。川崎重工業以外の5社は、
日立製作所、三菱電機、三菱商事、伊藤忠商事、丸紅。

これで、日独仏の3陣営が三つどもえで採用を争っていた中国の高速鉄道は、日本の新幹線と、
ドイツのICEが二分して併存することがほぼ確定的となった。フランスの高速車両TGVは採用されなかった。
新幹線車両は早ければ2008年にも高速鉄道網を走行する見通しだ。

旅客高速鉄道網には、日本政府が長年の間、新幹線車両の採用を呼び掛けてきた
北京―上海高速鉄道プロジェクトも含まれる。新幹線が北京―上海間を走るかどうかは未定だ。

高速鉄道の車両購入について、中国鉄道省は入札の形を取らず、10月に日本の6社と、
独シーメンス社の2陣営に購入を打診していた。
今後、信号などのシステムに関しても路線ごとに日本やドイツなどに納入を求めて来るとみられる。

日本の6社は、南車四方機車車両(本社・山東省青島市)と組んで合弁生産の形となる。

中国は高速鉄道計画とは別に、在来線の高速化計画も進めており、このプロジェクトでは昨年、日本の6社と、
仏アルストム社、カナダのボンバルディア社の3陣営の車両の採用が決まっていた。
これで日本の新幹線車両は、中国の在来線高速化と、高速鉄道網の2プロジェクトとも、採用されることになった。

中国の全長1万2000キロの高速鉄道網プロジェクトは今年スタートし、
現在、武漢(湖北省)―広州(広東省)、鄭州(河南省)―西安(陝西省)などが建設されている。

(2005年11月21日14時39分 読売新聞)


sinkansen2「嘘だと言ってよ、バーニィ!!!」
(ポケットの中の戦争風に)
↑謎新の現在の心境はコレです(涙
って、ドイツで決まったんじゃなかったのか?
くそう、先日ヌカ喜びしてしまったではないですか!

ドイツ製と日本製の路線がごっちゃになるのですね。
もう、2国のいいとこ取りで劣化コピー作る気満々なのが見え見えですよ。
この恥しらずw (嘲笑

上辺だけの日中友好なんかいらないよ。
あの国に新幹線が導入されたとて、とても平和利用されるとは思えないし。
チベット、東トルキスタン、内モンゴルの原住民にしている仕打ちを考えたらとても賛同など出来るわけがありません。
(行動の自由が無い、宗教の自由が無いなどの差別を受けています)
どうしてこんな国が常任理事国なんでしょう。
世界の不幸です。

しかし、消火栓のマンホールが盗まれまくりというモラルの無い国で、本当に走らせる事が出来るのか?(レールとか盗まれたりしてねw)
そして新幹線は秒刻みの制御が必要なのですが、それが彼らに果たしてできるのか甚だギモンです。

万が一事故があっても、きっぱりと突っぱねるべきですね。
なんといっても「謝罪と賠償」は特アのお家芸ですからねw
売国企業の皆様、気をつけましょう。

そしてまかり間違っても「ODAという名の私達の税金から供与」という最悪のシナリオだけは避けて欲しいですね。
技術が欲しいならそれなりの対価を払えと・・・私は言いたい訳なのですよ。

「ああ、憎しみで人が殺せたら・・・・」 (風と木の歌風に言ってみる)

スポンサーサイト

| 未分類 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑
関連タグ:

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nazosin.blog21.fc2.com/tb.php/231-b39ddb5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。