謎新ステーションblog版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑
関連タグ:

≫ EDIT

そういや中国新幹線って、どうなってるの??

sinkansen中国地方ではなく、中国大陸の方ですけど。
「北京オリンピックに合せて、北京←→上海間を高速鉄道を」そんな話が数年前から持ち上がってはいろいろ噂だけは流れるのですが、具体的にどうなっているのだろうと。(無事にオリンピック開催出来るの?とか、今から工期って間に合うの?という話はちょっと話がズレるので今回は割愛します)

(↑写真素材ポラリス様よりお借りしました)


謎新的には「新幹線技術の供与には反対」です。
だからフランス、もしくはドイツに是非とも頑張って頂きたいなと思う次第であります。
でも、国土交通省や一部の偉い人(笑)は売り込みに熱心で油断が出来ません。

謎新が反対する理由は幾つかあります。

① 新幹線技術は日本が誇る知的財産である
資源に乏しい日本が所有するもの、それは知的財産です。
輸出しようとしている相手は劣化コピーしか作れない所です。
事実、粗悪品が多くて自分もクレーム対応した事があります。
(マンションに取付したタラップが中国製で不純物が混じってて強度に問題発生というクレーム)
中国製品は安いのが魅力ですが、見た目は良くても中がスカスカな事が多いのです。
ウチの会社に良く出入している商社の人も「向こうの人は見た目さえ良ければ中身はどうでもいいみたい」なんて事を言っています。
そんな国が新幹線技術を手に入れたらもうどうなるか、考えただけでも恐ろしいです。
出来上がってくるのは質の悪い新幹線モドキです。新幹線を愛する者としては許せないものがあります。ましてや「ODA供与で新幹線を」なんて話は言語道断です。

② 何かが起こったら絶対日本のせいにされる
ええ、これはまず間違いないでしょう。
仮に車両の納入から軌道の敷設まで日本側が行ったとします。
でもどんなにいいものでも、動かす人間側の技量が伴わなければ当然事故が起きるわけで。
何しろ向こうの鉄道は「遅れて当たり前」ですから「秒単位」の制御が必要な新幹線が扱えるとは私にはとうてい思えないのです。
で、一度事故が起きれば「不良品を売りつけた、謝罪しろ賠償しろ」と難癖をつけてくるでしょう。
だったら、最初から関わらない方が良いって事になります。

③ 政情が不安定である
反日デモが起きるなど、中国の国内情勢は不安定です。
ましてや、チベット、東トルキスタン、台湾問題等多くの火種を抱えている状態です。
日本との間にも「靖国」「東シナ海のガス田」等の多くの問題を抱えており、とても緊迫した状態になっています

それに最近、東トルキスタンの独立派は中国に宣戦布告したとの情報もあります。
そりゃ、民族浄化という名の虐殺や強姦などが行われればどんな温厚な民族だってキレるでしょうよ。
こんな状態で、オリンピック出来るのか甚だ疑問です。
ましてやこんな状態で新幹線が建設できるのでしょうか? 頭に疑問符しか浮かんできませんよ。


自分の足りない頭で考えただけでもコレだけの反対理由が出てきました。
ちなみにJR東海の葛西社長(現会長)も反対しております。←ネ申

「我々としては支援することができない。見本を提供して作り方を教えてしまうことで終わるならば我々自身のメリットもないし、国としてのメリットもない」
↑そりゃそーだ。(ソース: ttp://whhh.fc2web.com/highspeedrail.html)

少し古い記事ですがこんな発言も・・・。
JR東海会長、読売新聞で「中国脅威論」を展開 2005/03/27(日) 20:26:19 [中国情報局]
葛西敬之・JR東海会長が、27日付の読売新聞紙上で、いわゆる中国脅威論を展開した。タイトルは「日米分断 中国の狙い」。北京と上海を結ぶ高速鉄道に関しては、日本の新幹線とフランスのTGVのいずれかの方式が導入される可能性が高いとされる。そういった状況で、JRの関係者が、これだけはっきりと「中国の動きに警戒するべきだ」と自説を展開したことが注目される。

葛西・会長は、「中国の狙いがアメリカを排除した共同体構想に日本を引きずり込み、良好な日米関係に楔(くさび)を打ち込むことにあることは、想像に難くない」などと主張。また。EUに参加する各国の政治体制、GDP(国内総生産)などと比較して、東アジア共同体は「幻想に過ぎない」などとした。

さらに、「共産党の一党独裁体制は民主主義、自由主義、人権尊重の理念とは対極」と、中国の国内政治に関しても論評した。

なお、葛西・JR東海会長は、これまでにも新幹線技術の中国大陸への導入に関して消極的な発言をしている。「台湾の場合にも、技術協力によって、JR東海として儲けを期待しているわけではない。しかし、メーカーが潤(うるお)って体力が強化され、間接的に日本の新幹線の安全維持に役立つ」「中国大陸の場合には、そのことも期待できない」というのが、その主張の骨子

↑頼もしい葛西会長のネ申発言でした。

なんかぐたぐた長くなってきたので、今回は一先ずこれぐらいで。
このぐたぐた加減も謎新の「新幹線への愛ゆえ」つー事でよろしくご理解くださいませ(笑

スポンサーサイト

| 未分類 | 13:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑
関連タグ:

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nazosin.blog21.fc2.com/tb.php/264-739b2ebf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。