謎新ステーションblog版

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑
関連タグ:

≫ EDIT

いつか、空も飛べるはず・・・?(^^;

400km/h???ええー、これで400km/h出るんですか???Σ(´д`;)

韓国】『時速400km/h級の高速列車、2012年に登場』~韓国型高速鉄道“KTX-Ⅱ”を初公開★2[09/10]

最高速度350km/h級の韓国型高速列車に続き、時速400km/h級の高速列車が早ければ
2012年に国内技術で開発されて登場する事になると思われる。

韓国鉄道技術研究院は9日、建設交通省傘下の韓国建設交通技術評価院と、建設交通省
の国家R&D(研究開発)事業である『次世代高速鉄道技術開発事業』の協約が締結される
事により、時速400km/h級の高速列車(HEMU-400X)を純国内技術で、2012年までに開発
する為の事業に取り掛かると明らかにした。

『次世代高速鉄道技術開発事業』は、韓国型高速列車の技術開発成果を基に、今後の6年間に国内の約30ヶ所の機関が参加する事になる。 総事業費だけで971億ウォン(政府: 692億ウォン、民間:279億ウォン)にのぼる大規模な国策事業である。

鉄道技術研究院によれば、2012年までに開発される時速400km/h級の高速列車は、輸送量の拡大が可能な動力分散式システムで、軸当たりの荷重が軽く鉄道施設の維持費用節減が可能と言われる。加速・減速性能も優れ、駅間距離が短い国内の実情に有利であると言われる。

400km/h級高速列車が開発されれば、2015年以降に計画された約1600量規模の国内新規
高速列車の需要に対応する事が出来て、約6兆5600億ウォンの収入の代替効果が期待される。

また、年間300億ドル以上の規模である海外鉄道市場で、国内鉄道産業の技術競争力もフランス、日本、ドイツレベルまで向上して、輸出にも役立つ事が見込まれている。

一方、世界で5番目の高速鉄道技術保有国である韓国は、1995年から『G7高速電鉄技術開発事業』を始め、現在時速350km/h級の動力集中式高速列車(写真)の実用化段階にある。

ソース:NAVER/ソウル=ニューシース(韓国語)
http://news.naver.com/news/read.php?mode=LSD&office_id=003&article_id=0000557312

これで400km/h出したら、マジで浮き上がりそうなんですが・・・。
屋根の妙な出っ張りとか有りますし、空力とか全然考えて無さそう。
しかし、取らぬ狸の皮算用でここまで記事を書けるのは、ある意味おめでたい思考回路としか・・・(^^;
その前に最高速度が350km/hとはいえ、その最高速度で走れる区間がどれくらいあるのか?
と、いう疑問が残りますよね。
最高速度を上げるよりも、そのトップスピードの区間をいかに増やすかの方が大切だと思うのですが、どうでしょう?

ダイヤの都合でまだN700には乗れていないのですが(早朝じゃなかなか乗れない)、端から見て加減速の良さは目を見張るものがあります。
先日、駅に停車しようとするN700を在来線越しに見たのですが、ホントに駅の手前からしか減速しないのでびっくりしましたよ。

(参考)
新幹線スタートダッシュ, 300-500-700-N700系, 岡山駅, 2007-07-26(you tube)

こうして比べてくると、群を抜いてN700の加速性能が良い事が判りますね。
(作成された方、上手いですね。感謝w)
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑
関連タグ:

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nazosin.blog21.fc2.com/tb.php/28-55d89b48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。